Business 事業内容

Message トップメッセージ Message トップメッセージ
私たちGLRは近年ネット通販の市場拡大などで注目されている「物流不動産」に特化した不動産ビジネスを行っております。
具体的には、法人向けの賃貸、売買仲介や国内外の機関投資家向け不動産ファンドのアセットマネジメント、一般オーナー向けサブリース、不動産管理、不動産コンサルティングなど物流不動産に関する様々なサービス提供をさせて頂いております。
私たちは何のために働くのか 私たちは何のために働くのか

私たちGLRは近年ネット通販の市場拡大などで注目されている「物流不動産」に特化した不動産ビジネスを行っております。
具体的には、法人向けの賃貸、売買仲介や国内外の機関投資家向け不動産ファンドのアセットマネジメント、一般オーナー向けサブリース、不動産管理、不動産コンサルティングなど物流不動産に関する様々なサービス提供をさせて頂いております。
物流不動産を扱う会社の多くは開発事業や仲介事業などそれぞれの事業だけを行っている会社がほとんどですが、GLRは顧客に対し、大手デベロッパーや中小物流会社が運営する物流施設の仲介だけでなく、自社またはファンドで管理運営する物流施設の投資、開発まで幅広く行っており、独自のポジションを確立しています。
賃貸仲介事業では年間賃貸契約面積で約369,000平米(2019年実績)と業界トップクラスの実績があり、また2018年よりスタートしたアセットマネジメント事業では国内大手機関投資家と組成した不動産ファンドを皮切りに、CBREグローバルインベスターズやゴールドマン・サックスグループなど大手外資系投資家との開発型不動産ファンドの組成、物流施設の開発をスタートさせるなど、業界でも大きな実績を上げている会社の一つです。

物流不動産を扱う会社の多くは開発事業や仲介事業などそれぞれの事業だけを行っている会社がほとんどですが、GLRは顧客に対し、大手デベロッパーや中小物流会社が運営する物流施設の仲介だけでなく、自社またはファンドで管理運営する物流施設の投資、開発まで幅広く行っており、独自のポジションを確立しています。
賃貸仲介事業では年間賃貸契約面積で約369,000平米(2019年実績)と業界トップクラスの実績があり、また2018年よりスタートしたアセットマネジメント事業では国内大手機関投資家と組成した不動産ファンドを皮切りに、CBREグローバルインベスターズやゴールドマン・サックスグループなど大手外資系投資家との開発型不動産ファンドの組成、物流施設の開発をスタートさせるなど、業界でも大きな実績を上げている会社の一つです。
躍進、成長し続けるためのトップとしての使命 躍進、成長し続けるためのトップとしての使命

ネット通販企業やメーカー、物流会社の物流施設の需要は現在も強く、関東、中部、関西など主要エリアの賃貸用物流施設における空室率は低い状態が続いており、その需要に対する物流施設の開発が今後も続くと予想され、弊社のビジネスとしてもポジティブな状況が続くと考えております。
また新型コロナウィルスの影響等により、ホテルや商業施設など他の不動産市況が悪化したこともあり、物流施設の投資、開発に新規参入するデベロッパーや投資家が急激に増加してきております。
GLRは独立系で物流施設専門ということもあり、アセットマネジメントだけでなく、様々なビジネスのお問い合わせ、協業のご相談を頂くことが顕著に増えており、このようなビジネス環境はGLRの今後の事業についても追い風であり、更なる事業拡大が実現できると確信しております。

取締役副社長 豊田 伸一郎豊田 伸一郎

事業用不動産会社、外資系会社、株式会社日本レップ(現:グッドマン・ジャパン)投資開発部を経てGLRに参画。
物流不動産のリーシング、投資、開発において約20年の業界経験がある。
主に営業部署を統括し、物流不動産に関するすべての事業部門に参画。
常に変化するマーケットを把握、アップデートしてリーシング、売買、投資、開発の知見からお客様に対し、GLRならではのテクニカルな企画、提案を行うことを意識しビジネス展開を行っている。

代表取締役社長 多田
					好延 代表取締役社長 多田
					好延